管楽器専門店 バルドン・フィルステージ

山本 直人

管楽器専門店|バルドン・フィルステージ|名古屋グローバルゲート店
山本 直人
やまもと なおと

担当する楽器

担当するコース

プロフィール

’85年武蔵野音楽大学を首席で卒業。同大学卒業演奏会、第55回読売新人演奏会等に出演。陶山勝、吉成行蔵、北島章、インゴ・ゴリツキの各氏に師事。
’86年名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団。’19年9月まで首席奏者を務める。’88年「CBCサロンコンサート」にてソロリサイタルを開催。’92年2月より一年間ベルリンに留学し、アンドレアス・ヴィットマン氏に師事。帰国後ソロリサイタルを開催。’97年「第9回アフィニス夏の音楽祭」に参加し、ワシントン・バレーラ氏に師事。’99年「山本直人と仲間たち」と題した現代音楽のリサイタルを開催。’00年「ザ・コンサートホール・アンコール2000」にてソロリサイタルを開催。’02年NHK-FM「名曲リサイタル」に出演。また、’04年に開催したソロリサイタルに於いて、名古屋市民芸術祭2004審査員特別賞を受賞。’10年名古屋ダブルリードアンサンブルCD全国発売記念ソロリサイタルを開催。
これまでに、名フィル、広島交響楽団、名古屋パストラーレ合奏団、ザ・ストリングス名古屋、クリンゲンフィルハーモニカー、室内管弦楽団「辯天」、北名古屋シティ管弦楽団、ディ・ムジカンテン室内管弦楽団とモーツァルト、チマローザ、マルチェロ、アルビノーニ、バッハ、尹伊桑、R.シュトラウスの協奏曲を共演。また、「名古屋ヴィルトゥオーゼン」「名古屋ダブルリードアンサンブル」「トリオdeブランチ」等の主要メンバーとして室内楽活動も盛んに行っている。
現在、名古屋音楽大学および大垣女子短期大学音楽総合科非常勤講師、愛知室内オーケストラ客演首席奏者。

講師検索